【浜松市】浜松カギ修理センター|鍵開け・鍵の交換・カギ修理 鍵の防犯豆知識

最近空き巣や倉庫荒らしなど、さまざまな犯罪が多発しています。 大切な家、財産を守るためにどんな対策をしたら良いでしょう? そんなことでお悩みの方に主な犯罪の手口と対策をご紹介いたします!

「ガラス破り」とは

一戸建て・マンションで結構多いのがガラス破りです。
侵入の30%を占めています。
いったんマンションに侵入した泥棒がベランダ伝いに隣の部屋へ簡単に移り、ガラスをドライバーの様なもので破り簡単に侵入してきます。
被害は3階が最も多く、高層階は屋上から簡単に侵入されやすいです。

「ガラス破り」対策

カギ付きクレセントにしたり、2重ロック、防犯ガラスや防犯フィルムにする方法が有効です。
バールやハンマーなどで窓を叩き割ろうとしても、「防犯フィルム」によって強化された窓ガラスはヒビ割れが入る程度で、手が入るほどの穴をあけるにはかなりの時間を要します。

「サムターン回し」とは

サムターン回しとは、文字通りサムターン(ドアの内側についているツマミの事)に先端が曲がる特殊な工具を差し込みひっかけてまわす開錠方法です。
一般的なマンションやオフィス等に使用されている扉に多く設置されているため狙われやすいです。

「サムターン回し」の対策

サムターンを直接触れられることが無いように、サムターンにカバーを取り付けるのが最も簡単な対策です。
侵入者を音と光で威嚇・撃退するセキュリティシステムを導入することも有効な方法です。

「カム送り」とは

メーカーから販売されている高性能な対策用部品の設置することです。 またシリンダーの隙間を埋めるものや、本体を一度はずしてカバーをつける方法も有効です。

「カム送り」の対策

メーカーから販売されている高性能な対策用部品の設置することです。
またシリンダーの隙間を埋めるものや、本体を一度はずしてカバーをつける方法も有効です。

「ピッキング」とは

ピッキングとはカギ穴に針金のような特殊な工具を差し込んで、不正に開錠する方法です。
ピッキングで1番よく狙われるのはディスクシリンダーと呼ばれるもので、日本中に7,000万個付いていると言われています。
ディスクシリンダーはプロならばものの10秒もあれば開錠できてしまいます。
短時間で侵入でき、大きな音も出ないため侵入者がよくやる手法です。

「ピッキング」対策

高性能なシリンダーに交換するのが最も簡単な方法です。
お使いの錠前をディンプルキーに変えるだけでもかなりの効果があります。
ワンドア、2ロック・3 ロックにするとより効果的です。

これで安心!カギのプロが教える防犯豆知識

カム送りやサムターン回しなど多数! 穴から忍び込ませた¨細くて長い腕¨で…それが「サムターン回し」 扉と外枠のスキ間、新聞受け、ドアスコープ、カギの近くに開けた穴から内側(室内)に針金的な工具を入れ、サムターンを回してしまうのが「サムターン回し」。
意外と知られていないが、ドアスコープは外側から簡単に外すことが出来る。
接着剤で固定してしまうのが手っ取り早い対策。
サムターンの周りに針金避けのカバーをする対策品が売られているが、何かを引っかけやすい構造がそのまま残るのはやや不安。
サムターンの形状を劇的に変える、写真のような「突起のないサムターンカバー」ならかなり安心だ。
わずかに生まれるスキ間からかんぬきを操作…それが「カム送り」 扉外側のカラーを引っ張るとスキ間が。
ここから針金的な工具と差し込み、かんぬきそのものを動かしてしまうのが「カム送り」。
ただし、カム送りで解錠できるのは美和ロック製で、錠前本体に「LAMA」の刻印があり、さらに刻印の下にアンダーラインが入っていないものの一部に限られる。
「破錠」は騒音と所用時間の問題で多用されない 当然だが、カギをドリルなどの工作機械で壊すことは可能。
しかし、ドロボウは大きな音や火花を覚悟し、相当な時間が必要なこともかんがえなければならない。
よって、住宅街やマンションなどで破錠が行われることは少ないといわれる。
ちなみに、扉と外枠のスキ間にバールを差し込んで扉らを壊す「こじ開け」は、あまり音が出ない。